YAKUの薬草温室

ここにはYAKUの日記をはじめ、様々なものを載せていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆調剤実習 Finish!!

第5日目(11月18日):処方解析実習
第6日目(11月21日):模擬薬局実習Ⅱ

---------------------------------------------

○第5日目:処方解析実習
 処方監査、処方解析自習を踏まえ更に高度な処方監査の総合的な演習を行う。
 ①析演習用の処方箋について、4人1組で処方を解析し、処方上の問題点を提起し、理想的な処方をを確立する。制限時間は1時間。
 ②各班にて行った処方箋の解析結果について班ごとに口頭発表し、全体で討論する。

○考察、感想
 グループの方々が問題点をどんどん意見している中、私だけがうまい意見を言うことができず、明らかにほかの人と比べて知識で遅れをとってしまい、もっと勉強が必要だということを思い知らされました。臨床の現場では、他の医療スタッフと協力して意見を出し合い、自分の知識では足りないことは相手の知識で補うためにも、他のスタッフとうまくコミュニケーション(マナー)を取ることが大事になるんだと感じました。
 今回、4人で1時間もかけて処方の問題点を見つけ、理想的な処方に変えるということをしましたが、長年働いている薬剤師は、一人で10秒くらいで私たちがやったことをやると聞いて本当に驚きました。こんな薬剤師にできるだけ早く近づくためにも、すべての分野において頑張っていきたいと思います。

---------------------------------------------

○第6日目:模擬薬局実習Ⅱ
 ・模擬薬局内での実習
  疑義照会、薬袋・薬札の作成、調剤、薬剤監査、服薬指導、薬剤交付
 ・液剤の調剤
 ・薬暦管理業務実習
 ・配合変化観察実習
 ・散剤重量監査実習

○考察、感想
 今までは、処方箋監査、薬袋作成、調剤、疑義照会、検薬、服薬指導、マナー、薬剤交付等、一つ一つ別々に実習を行ってきたのですが、今回の実習でこれらの項目を一通り通して行うことにより、今まで部分部分で理解していたことが1つにつながったので、それぞれの項目についてより深く理解でき、今までわからなかった点についても理解することができました。しかしながら、実際にこれらの作業をうまく行うことはできなく、どの項目についてもすごく時間がかかり、(特に処方監査と調剤)、服薬指導や照会などもマナーに沿って話すことがなかなかできず(あいさつ、確認等、何処か何処か抜けていた)、やはりもっと経験と知識が必要だと感じました。
 散剤重量監査実習で、以前調剤したもの(手分包、自動分包)を測ったところ、かなりずれていることが分かり、特に自動分包でもこのようなことが起こることに驚きました。

---------------------------------------------

試験はまあまあだったのではないのでしょうか。
少なくとも今までの調剤実習で1番良かった気がする。
その前の日があまりにもアレだったんで、その分見返しができたかな。たぶん^^
ただ、監査と調剤に時間がかかりすぎるのがやっぱ残念だね。
せめて治療薬マニュアル見ないで監査できるようになりたいわwこれだけで時間半分以上短縮できるし^^
後は、薬の場所がどこにあるのか覚えれば尚良いか。(大学の薬局のを覚えても意味ないけどw)


臨床の場で働くのって思ったよりずっと大変なんだな。。。。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/23(水) 14:05:00|
  2. 名称未設定_3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆調剤実習 第4日目:模擬薬局実習Ⅰ(11月17日)

(大学のパソコンからの投稿です)
たぶん今日やったやつって、臨床の場で最も重要になってくる実習なんだろうな。

それなのに間違いまくっていますw


--------------------------------------------

○模擬薬局実習Ⅰ
 ・処方監査実習
 ・処方解析実習
 ・一包化調剤実習
 ・監査システムを用いた調剤実習
  散剤・水剤監査システム、処方オーだリングシステム

○考察、感想
 治療薬マニュアル使ったにもかかわらず、対象疾患を調べるのに時間がかった上に、間違っていました。(心筋梗塞だったのが狭心症と書いた)また、佐薬の併用理由もうまく答えることができず、相互作用や副作用はありすぎて何を書いたらよいか迷っていました。さらに、照会事項が必ずあるということで間違いを探しつづけていたところ、難しいことを考えすぎて、重大なこと(ワルファリンカリウムの用法が書かれていない)を言われるまで気が付くことができませんでした。職場では60~80個の処方箋をこなさなければならないことを考えると、このままでは相当にまずい(このまま職場に出るとミスをおかすだろう)と相当あせりを感じました。特に薬理学の勉強がもっと必要だと思います。また、今回の実習で何に気をつけなければならないのか、1回の流れ、これからの課題について少しわかったので、今度からはこれらを常に意識しながら実習に挑みたいと思います。
余談ですが、薬に書かれてある番号を機械に入力するとすべての情報が出てくることに非常に驚きました。
---------------------------------------------

さらに余談・・・・

医師「え~、病名について話をします。非常に言いにくいのですが・・・・・」
患者「え!先生!!私の病気って何なんですか!言ってください、先生!お願いします。先生ッ!先生ッ!!」
医師「・・こ・・・・・・骨粗鬆症。」
患者「・・・・そっちの言いにくいかよッ!!」

ごめん。。。寒いね。
今日先生言ってたのが印象に残ったので書いてしまいました◎ 許して。


なんと月曜日までの宿題が出ました。

Rp. ファモチジン錠(10mg)      2Tab
   1日2回 朝食後・寝る前

Rp. スクラルファート細粒(900mg/g) 3.0g
   マーズレンS顆粒         2.0g
   メトクロプラミド(5mg)     3Tab
   1日2回 食前 4日分

Rp. 硫酸サルブタモールシロップ    2mg
   S.S.               5mg
   精製水              q.s.
   1日3回 食後 4日分

↑の疾患名、佐薬、監査、相互作用、服薬指導項目を考えてって言われたけど、マニュアル見ないと全然わからん!!!
・・・と思いきや、ファモチジンの何日分っていうのが書かれていないし、1日2回 食前となっているのもおかしいと気づいた!!(早速今日の実習の成果が出たよ、やったね♪)
でもそれ以外全然わかんねーーー。
ファモチジンって今はやりのガスター10だっけ。そしたら胃潰瘍か何かか?

まあ土曜日あたりにきちんとやってみるかな。

  1. 2005/11/18(金) 17:55:53|
  2. 名称未設定_3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆調剤実習 第三日目:マナー演習

今日は特別な女講師であるマナーのエキスパートが来ました◎

ぴしっとした服装。
ぴしっとした外見。
ぴしっとした姿勢。
ぴしっとした仕草。
ぴしっとした話し方。
ぴしっとした顔。(どんな顔よw
ぴしっとした歯。(どんな歯よw
ぴしっとした目つき。(怖いよw
ぴしっとした口。(もういいよ・・
ぴしっとした胸。(どこ見てんのよw
ぴしっとした太もも(エ ロイよw
ぴしっとした‥‥‥(しつこいよ

とにかくピシッとしていましたw俺のシワだらけの白衣とは大違いだねwさすがマナーのエキスパートだ!!
それに、なにやら元アナウンサーらしいです◎


2人1組で敬語でスピーチをするやつで相手の目を見て話しなさいって言うけど、学生番号近くて皆知っている人だから目合うと笑っちゃうよw
ありゃどうしても無理だ(;△;)


服薬指導のマナー練習で、1人1人前に出てやったんだけど、患者を呼ぶ場面で・・・・
「お待たせいたしたた・・・・・しました!」
ひーーー_| ̄|○ 早速噛んだし~~_| ̄|○

これ噛むと恥ずかしいな。。。皆に笑われたし_| ̄|○ アァ~。

ふと思ったのだが、患者に対してマナー悪かったら相手に不快感与えるわけだが、患者に対して噛んだらどんな感覚を与えるのだろうか?
少なくとも不快感では無い気がする(笑)まあ気まずくなることには変わりは無いけどね。


---------------------------------------------

○実習:マナー演習
 患者や医師等とのコミュニケーションを適切に行うために必要不可欠である基礎的マナーを習得する。
①応接する際の基本的マナー
②電話応対の基礎的マナー
③薬局でのマナー
 、処方箋に関する医師への疑義照会
 、薬局での患者に対する服薬指導
 、患者からの副作用に関する問い合わせの対応

○考察、感想
 私は今までに接客をメインとするバイトを行ったことがなかったので、今回のマナー演習は新鮮なものでした。特に、敬語については間違って覚えていたものが多く(例えば「いる」の尊敬語は「いらっしゃる」なのに「おられる」を使ったり、「召し上がる」に対して「お食べになる」とか、尊敬語と謙譲語がごっちゃになるなど)、もっと勉強が必要であることを改めて実感しました。また、敬語だけではなく、表情、応答、姿勢、聞く態度、視線、礼儀、挨拶、発声のアクセント等についてもしっかりしているのと、していないのでは、第一印象の良さ、話しやすさが全然違っているので、職場だけではなく、今後の人間関係のためにも自分を変えていきたいと思うようになりました。(接客のバイトをやりたくなったくらいです。)
特に、職場では患者さんとの服薬指導、電話応対、健康相談、医師との疑義照会等でこれらのマナーを気にしてコミュニケーションを取ることは、今回の実習でとても大変であることを実感したので(どこかでボロがでたりと)、このマナーに関しては、今後本気で勉強していきたいと思います。
また、医師に処方箋を求めるときに、「変更して頂けませんか?」「変更をお願いします」「先生はどうお考えですか?」「間違いではないでしょうか?」「確認のためお電話しました」と言うのではなく、「何か特別な事情があるのかと思い電話しました」というのが正しいということを自分の頭で考えることができるようになるような勉強もしていきたいと思います。

---------------------------------------------

えーと、薬局での挨拶は、最初の2文字にアクセント入れて語尾を早く言うようにするのね。やっぱむずかしい^^;
それにしてもマナーの講師、最後までピシッとしてたなあw。癒されたわww。

  1. 2005/11/16(水) 23:59:46|
  2. 名称未設定_3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。